カンボジア鉄道とは?

『カンボジアの鉄道』より : カンボジアの鉄道(かんぼじあのてつどう)では、カンボジアにおける鉄道について記す。
カンボジアの鉄道は、この地域がフランス植民地の仏領インドシナの時代に建設され、一時は隣国タイ王国のタイ国有鉄道 国有鉄道とも線路がつながっていて、国際列車の運行も行われていた。
しかしながら、カンボジア内戦などの影響により設備は荒廃し、現在では首都プノンペンからシアヌークビル,バッタンバン-シソフォン-ポイペト方面に線路が敷設されているものの、2006年現在プノンペン~バッタンバン間が1日1往復されているだけである。
また客車も現在不足している状況で、貨車を代替客車として用いている列車が多いという。

カンボジア鉄道の詳細

青春18きっぷとは?

青春18きっぷ

青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)は、JR旅客会社の普通列車が一日乗り放題となる、期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。なお、本項では前身である青春18のびのびきっぷについても記述する。
学校が長期休暇に入る期間にあわせ、期間を区切って発売される特別企画乗車券で、全国のJR在来線全線および宮島連絡船 宮島航路で使用できる。ただし、利用できる列車には制限があり、「青春18きっぷ」だけで乗車できる列車、「青春18きっぷ」に別途料金を支払うことで乗車できる列車、別途料金を払っても全く使えない列車がある。その詳しい内容は購入時に付属する二枚組の「ご案内」に記されており、「常備券」では乗車券の裏側に記載されている。詳しくは後述。

WIKIPEDIAより抜粋)